コルスタイン チェロ松脂

現状分析の結果、現代のチェロ奏者が、調和の取れたチェロ松脂を探し求めていることが明らかとなりました。

「Kolstein’s Formulation Supreme チェロ松脂」が開発されるまでは、チェロ奏者は、チェロ奏者の要望を念頭に入れて調合されたわけではない松脂を使わざるを得ませんでした。このため、バイオリン奏者、ビオラ奏者及びチェロ奏者は、同一の松脂を使っていました。

「Kolstein’s Formulation Supreme チェロ松脂」は、チェロ奏者が、自分の要望を完全に満たした松脂に出合うために、いろいろな種類の松脂を試す必要がないようにしてきました。

長年に渡る研究と実験で多大な労力を費やしてきた結果、チェロのために調合された松脂を作り上げました。

チェロ松脂の製造過程では、「Kolsteinが開発した製法に厳格に従い正確に調合された最高の原料を、均一に固まるよう、かつ、熱で割れないよう金属で縁取りされた木型(現在はシリコン製の型)に注ぎ、必ず決められた時間を置く」という、とても厳格な生産管理がなされています。

「Kolstein’s Formulation Supreme チェロ松脂」の包装も、奏者の使い易さを考えて決められました。松脂には、セーム革様の素材にも負けないリントのクロスが付けられ、クロスに包まれた松脂が入る素敵な金色の容器は、十分な大きさがありながら、いろいろなチェロバッグに邪魔にならずに楽に収まります。

チェロ松脂も、しっとり感が長続きするため、他のKolstein松脂と同様、使用期限がなく、結晶化せず、弓に塗り易く、演奏時に弦や楽器への粉の付着をできるだけ抑えるよう考えられています。

Kolsteinは、素晴らしい配合により、強くむらのない引っ掛かりがあり、力強さが長続きし、粉が極めて飛び散りにくい「Kolstein’s Formulation Supreme チェロ松脂」により、特別に調合された松脂を求める違いの分かるチェロ奏者の要望に応えてきました。