マックコーポレーションは楽器の専門商社です。管楽器、弦楽器を専門的に扱っています。

楽器の総合商社 マックコーポレーション株式会社 TOP サイトマップ ENGLISH
会社概要 修理に関して お問合せ スタッフ募集 プライバシーポリシー
感想
ER−400 | 中国二胡   20代(学生を除く) 女性

昨日初めて弾いたが、「ギー」という音も出てしまったり、左手で抑える位置がなかなか安定しなかったり、思っていた以上に難しかった。


「古月琴坊」紅木二胡ER-400は、初心者の方にも鳴らしやすく、明るい音色で響きの良い紅木材を使用しております。
二胡のCD「千の風になって」をお聴きになり、ご自身でも弾いてみたいと思われたとのことでしたが、
その独特で哀愁のある音色に魅了されたのでしょうか。お客様が先生に習われているということでしたので、
是非、これから沢山練習され「千の風になって」を弾けるようになってくださいね。

二胡は、初めのうちは弓を持つ右手に力が入り過ぎてしまったり、弓毛を弦に当てる角度がつき過ぎてしまったりするので
どうしても「ギー」という雑音が出やすくなってしまいます。なるべく、右手は自然な力で、弓毛を弦に当てる角度は
正面から見て弦に対して垂直になるようにして、胴に沿って平行に近い感じで、棹に触れるか触れないかくらいの距離で
弓を動かすと、雑音も出にくくなってまいります。

左手の音階を押さえる位置については、二胡の場合、バイオリンなどの楽器のように指板がなく、
弦が中空に浮いている状態にあり、尚且つギターのようなフレットもありませんので、音程をとるのが難しく、
慣れるまではなかなか安定しませんね。こちらにつきましては、練習して音程感覚を養って行く必要がございますので、
毎日、少しでも楽器に触れる時間を作っていただくことをお勧めいたします。


 戻る