マックコーポレーション株式会社 PC用 マックコーポレーション株式会社 SP用

J.Michael (Jマイケル) について

J.Michael

安心の品質管理

J.Michaelは、マックコーポレーション株式会社の管楽器専門スタッフが製品の開発に携わり、これまで培ってきたノウハウとプロ奏者との対話から生まれる意見をもとに改良を重ねており、低価格ながら高品質の楽器を実現しております。
そのコストパフォーマンスの高さから、日本だけでなく海外の代理店にも輸出されており、世界中のプレーヤーにご愛用いただいております。
品質管理1品質管理2

充実のアフターサービス

ご購入後も末永く演奏をお楽しみいただくため、アフターサービスを充実させております。
ご購入後にメンテナンスカードをお渡しし、当社管楽器リペア部門による楽器の修理記録やメンテナンスはもちろんのこと、お客様から寄せられるご質問やご相談にも、丁寧にお答えをしております。
アフターサービス1アフターサービス2

パーツ販売について

ご使用の楽器を長くお使いいただくために、弊社では管楽器消耗品パーツを、J.Michael取扱店様へ販売・供給いたしております。お問い合わせの多い「バルブガイド」や「指具」、「ピストンバネ」など取りそろえております。

Adviser アドバイザー

啼鵬 (ていほう) マルチプレイヤー、作編曲家

東京藝術大学音楽学部作曲家を卒業。作曲を浦田健次郎、故山田泉、川合學の各氏に師事。2003年にテレビ朝日開局45周年記念ドラマ「流転の王妃」の編曲を担当し、ロシアにてモスクワ・フィルハーモニーとの録音に参加。
2003年放映NHK連続テレビ小説「ファイト」の編曲を担当し脚光を浴びる。2010年放映開始、同「てっぱん」の音楽を葉加瀬太郎と共に担当。2011年NHKオーディオドラマ「新日曜名作座」にて放送された「髪結い伊三次捕物余話(西田敏行、竹下景子出演)」の音楽を担当するなど、各界から高い評価を得ている。
作曲の他にクラリネットを三界秀実氏に師事。またヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ等多岐に渡り著名な講師陣より指導を受ける。加えて日本においてはいまだ演奏者の少ないバンドネオンを独習するなど多種の楽器を操る。
須川展也、葉加瀬太郎、ポルノグラフィティなどをサポート。編曲のみならず、バンドネオンやクラリネット等数々の楽器を駆使し聴衆のみならず共演者からも好評を博す。
将来を嘱望される作編曲家、教育者でありマルチプレイヤーである。
啼鵬氏

渡辺 勉 (C.U.G.ジャズオーケストラ)

日本を代表するリードトランペッター。
岐阜県多治見市生まれ。10歳でトランペットを手にし、16歳で早くもプロデビューを果たす。
ダン池田とニュー・ブリード、北野タダオとアロー・ジャズ・オーケストラなどの名門ジャズオーケストラを経て、フリーランス・トランペット・プレイヤーとなる。
シドニー公演などを経験し、C.U.G.ジャズ・オーケストラでも活躍。
また、テレビ・ラジオやCMなどのレコーディングでも活躍中。
ダブルハイCを超えるハイノートをヒットさせる希有のハイノートヒッターであるとともに、アンサンブルに対しての造詣も人一倍深く、「もっとも信頼のおけるトランペッター」として、多くのミュージシャンからの信頼も厚い。
後進の指導にも力を入れており、中部地区での個人レッスンや中学・高校等での指導、また全国各地でトランペット・レクチャーを展開。現在は名古屋音楽大学 非常勤講師。
渡辺勉氏

木村 淳 (東京佼成ウインドオーケストラ ホルン奏者)

J.Michael FH-850 フレンチホルンは発売以来、多くの改良を重ね、今や世界が注目する素晴らしい楽器となりました。
この楽器は伝統的ヨーロッパの芳醇なサウンドと、見事な設計、優れた製作技術による高い機能性を持ち合わせております。
緩やかなレイアウトは快適な吹奏感を実現し、奏者に過度な負荷やストレスが掛からないので、初めてホルンを吹く方にもお勧めいたします。
私はこの楽器を大変気に入っており、2011年以来、多くの演奏会やレコーディングでこの楽器を使用しております。
木村淳氏

ページトップへ