マックコーポレーションは楽器の専門商社です。管楽器、弦楽器を専門的に扱っています。

楽器の総合商社 マックコーポレーション株式会社 TOP サイトマップ ENGLISH
会社概要 修理に関して お問合せ スタッフ募集 プライバシーポリシー
TOPページカルロ・ジョルダーノ > バイオリンQ その5
松ヤニ編   絃はりかえ編   サイズ編   湿度編   ニス編


〜 Dニス編 〜


つげ、バイオリンが病気になったぞ。
はぁーっ.. カル坊せっかく練習しようと思ったのに。
バイオリンを休ませてあげないと。。

おいおい、バイオリンを暑いところに放置してたから。
それはニスがとけてケースの痕がついただけ。

練習するには問題なし。




バイオリンの表面  
● 塗料 (ラッカーなど) → 溶けにくいので管理しやすい。 比較的低価格。(例: VS-1等)
● ニス (原料は樹脂、アルコール、アマニ油など) → 高温に弱く溶けやすいが音に深みが出る。(例: VS-2以上)


ニスを塗る理由
木材の補強(腐食やキズを防ぐ)と音響効果 (下記参照)


ニスのタイプ
ニスのタイプは樹脂を溶かす溶剤により大きくはアルコールニスとオイルニスに分かれます。
アルコールニスは速乾性に優れ、乾燥後のニスは硬め、オイルニスは速乾性では劣るものの乾燥後は軟らかめといった傾向があります。


音への効果  
ニスの厚さや質(硬・軟)は音量や音色に影響があると言われます。
ニスが厚すぎると音量が抑えられてしまいます。かと言って ニスのない白木のバイオリンでは音量はあるけれども、 締まりがなく音が散ってしまいます。
ニスはバイオリンの音色にツヤを与えてバイオリンらしい音にしてくれます。



ニスの注意点    
● 完成直後のバイオリンが十分乾ききってない
● 暑い所に放置 (夏の車中など)
● 元々ニスの性質が軟らかい
@ ニスが溶ける (ケースの痕がつく、など)
A 駒足がズレる
B ニスじわが発生する、など
● 冷 ⇔ 暖の急激な変化(冬の室内外など)
● ニスの性質が硬い
C ニスひびが発生する

     
@ ニスが溶ける
A 駒足がズレる
B ニスじわが発生する
 
C ニスひびが発生する

夏場の車中など暑い所にバイオリンを放置していると、ニスが溶けてケース痕がついたり、駒足がズレたりします。完成直後のバイオリンや元々ニスの性質が軟らかいものもこのような症状が起こりやすいです。

軽微なケース痕は、演奏や練習にはなんら支障はありません。
また、使用するほどに自然とはがれていくものです。
もし補修されたい場合は専門家に任せましょう。


Copyright(C)2007 MAC Corporation